ロンドンのフルーツ

ロンドンで売っているフルーツの写真です。


もちろん、この種類しか手に入らない、というわけではありません。


マーケットの棚の写真を撮ってみました。


りんご、西洋梨、桃、ラズベリー等です。



フルーツ



日本のように、おいしいりんごはなかなか手に入りませんが。。。





コヴェント・ガーデンに行く

コヴェント・ガーデンに行ってきました。

地下鉄のコヴェント・ガーデン駅が便利です。

ここの駅は、エレベーターで地上にでます。


20090405 01.jpg





コヴェント・ガーデンは、1974年までは、野菜や果物の卸売市場だったそうです。

その跡地がショピング街として再開発されたのです。

建物の中にはいわゆる雑貨屋がたくさんありました。

何となく原宿あたりを歩いている感じです。


20090405 02.jpg


20090405 03.jpg


カムデン・タウンのインヴァーネス通りマーケット

カムデン・タウン(Camden Town)のインヴァーネス通りマーケットの入口です。

平日に撮った写真ですから閑散としていますが、土日は大変な混雑になるようです。

地下鉄ノーザン・ラインのカムデン・タウン駅を降りたところです。


20090330 02.jpg



20090330 03.jpg

Boots

Bootsは、ロンドンのマツモトキヨシです。

薬、化粧品と石鹸、シャンプーなどの商品を扱っているチェーンです。

朝の7:30に開店しますので、通勤時にも買い物ができて便利です。


20090302 01.jpg


タグ:boots

セルフリッジ

セルフリッジ(Selfridges)は、オックスフォードストリートになります。

ブランドが豊富に置いてあります。

1階の食品売り場やカフェ、レストランも楽しいです。

写真を撮った時は、煤払いをしているようでした。


20090214 02.jpg


TOPSHOP

TOPSHOPはオックスフォード・サーカスの角にあります。

若い人向きの洋服や装飾品を売っています。

原宿の店のような感じです。

店内はいつも若い客で混雑しています。

学生証を見せると10%割引になるようです。


20090221 01.jpg



タグ:topshop

変な貯金箱

変な貯金箱を見つけました。

ちょっと見ると壺みたいです。


20090214 06.jpg


タグ:貯金箱

デベンハムズで買い物

デベンハムズで買い物をしました。

デベンハムズは、オックスフォード通りに面しています。


20090214 04.jpg




バレンタインデーのクマとチョコレートを売っていました。


20090214 05.jpg


朝のロンドン

朝のロンドンです。

Baker Streetの近くで撮りました。

1月ですから、8時頃なのにまだ薄暗いですね。

20090129 01.jpg

ロンドンの通りでは、バスの路線がはっきり分かれています。

ハロッズのセール

ハロッズ(Harrods)は、ロンドンのナイツブリッジにあります。地下鉄のピカデリー線で行くのが一番便利です。駅を降りたところにあります。ハロッズのオーナーは、エジプト出身の富豪・モハメド・アルファイドですが、その息子ドディ・アルファイドは、ダイアナ妃と共にパリで死亡しました。ハロッズの地下1階には、二人の写真が飾られており、お金を寄付できるようになっています。

ハロッズのセールは、12月27日の9時から始まりました。

我が家は、10時半頃に到着しましたが、すでに大変な人だかりでした。ハロッズでもグッチが半額セールをやっていて、バッグ売り場に入るには、推定2〜3時間待ちという感じでした。最盛期のディズニーランドのようですね。並んでいる人の多くは中国人で、かつて日本人がブランド店に押し掛けたように、今では彼らがお客さんになっているようですね。

店内はたとえようもないほど混雑していました。ほとんどの商品が50%前後のセールですから仕方がないでしょうが。1階の化粧品、バッグ売り場、男性の衣料品、靴の売り場、2階の女性の衣料品、靴の売り場が特に混んでいたようです。我が家も、化粧品やグッチのブルゾンなどを買いました。

安いとついつい財布のひもが緩むのが怖いので、長居をせずにさっと帰るのがセールのコツかもしれません。まあ、普段欲しかった物が安く買えるのはうれしいですが。

タグ:ハロッズ

ボクシングデーのショッピング

ボクシングデーにショッピングに出かけました。

ボクシングデーというのは、クリスマスの翌日の12月26日で、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱を開ける日であったことから、箱=Boxから「Boxing Day」と呼ばれるようになったそうです。ボクシングをする日ではありません。

ロンドンでは、多くの店がクリスマスは休みです。そして、クリスマスの翌日のボクシングデーからセールスが始まります。店によっては、12月26日の7時に開店します。そして、セールを楽しみにして、4時、5時から店の前で開店を待つ人もいるようです。

我が家は、のんびりと起きて11時15分前頃にリージェント・ストリートにバスで到着しました。ここには、バーバリーガの本店がありますが、たまたま、店に行くと11時開店で、セール初日に開店時に並んではいる客の一員となりました。しばらく、商品を見てから、ウールのコートを買って、店を出ました。20%程度の割引でした。

リージェント・ストリートから、オックスフォード・ストリートに向って歩いて行くと、人波はさらに多くなるようでした。銀座や新宿でも、最近はこれほど混雑していないでしょう。

目指したのは、オックスフォード・ストリートにあるセルフリッジ(Selfridges & Co.)です。1909年創立のデパートで、ブランド品などが豊富に置いてあります。子のデパートに出店しているグッチ(Gucci)が、50%セールをしていたので、店に入るための行列は、オックスフォード・ストリートまでとぐろをまいていました。

20081226 01.jpg


3階の婦人靴売りに行きましたが、こちらのグッチ売り場も20分ほど並んでからやっと店に入ることができました。それにしても、50%セールの威力はすさまじいですね。こちらで、婦人靴を二足買って帰宅しました。


20081226 02.jpg




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。